吉原という風俗街を求める人たちと働く人たち

吉原という街は風俗以外何もないと言われるほど、特化した地域になっています。この街に通う人について少し関心を持ってみるのも面白い見方になるでしょう。どんな人たちが通っているのかに注目してみます。

求める人たち

この街を練り歩く人たちにどのような目的で吉原に来たのかを尋ねる勇気があれば、聞いてみると良いでしょう。そのほとんどが風俗関係者であり、お客さんになっています。特に男性の目的はお店目当てです。仮に観光目的で訪れた人がいたとしても、その多くが風俗が目当てで通っています。最近では外国人の姿も見るようになり、グローバルな街になりつつあるのが吉原です。

働く人たち

いろんな女性がいます。夢のために頑張っている人から、借金まみれになって風俗に落とされた女の子、もしくは元芸能人やAV女優も吉原のお店で働いています。また地方では稼げないことから、吉原に出稼ぎをする女の子も増えてきました。そのような女の子が遊ぶ場所といえば、吉原以外の街になります。この街そのものが風俗営業の地域になっていますので、遊べる場所は皆無とも言えるでしょう。

吉原は歴史ある風俗街

江戸時代に徳川幕府から認可されたのが遊郭です。その遊郭の延長線上にあるのが、吉原ソープになっています。少し前まではトルコ風呂の愛称で通っていましたが、トルコ政府の猛烈な抗議のなかからソープとして生まれ変わりました。日本の中でも有数の風俗街になっており、多くの風俗好きな男性が一度は行ってみたいと希望する地域になっています。

風俗しかない街が吉原

通う人も働く人も、風俗という目的のために吉原に訪れています。風俗以外は何もないとも揶揄されることもありますが、風俗の視点からみれば歴史ある場所には変わりありません。

関連する記事